ローマのごはんで一番困ったこと!!!?

TRAVEL

 

イタリア旅行で楽しみにしていた”ごはん”!!!どんなおいしいイタリアンが食べられるのかな~!と思っていたら、予想外にイタリア料理が口に合いませんでした…。何故なのか!?&しーちゃんとぱぴの行ったレストランも紹介します!

 

広告

ローマのごはんは〇〇すぎる!

 

いきなりですが、核心です。

 

イタリア料理はしょっぱすぎる!!!

 

イタリアに住む人あるあるみたいなんですが、全部塩辛いです。恐らく、イタリア人がお食事の時、ビールやワインを飲みながら食べることが理由だと思われます。おつまみのような。

 

一番は、パスタがしょっぱい。一方、前菜のカプレーゼは全く味がなくて、生のトマト(いい言い方をすると素材の味!)のままだったりしました。すこしカルチャーショックでした。

 

ローマで実際に行ったお店紹介

 

とはいえ、レストランで食べるごはんはおいしいものが多いです!!8月のお盆期間中、ほぼ予約なしで行きました!

 

日本語メニュー『LA TAVERNETTA 48』

 

ここは、ガイドブックに掲載されていたお店でした。とても嬉しいのが、日本語メニューがあること!写真は8月の19:00、ローマの夜は明るいです。

 

フィレンツェの時と同じで、グルヤクという便利なサイトから予約しました。が、「SUZUKI」→「UZUKI」のような感じで、名字が微妙に違いました。理由を説明すると、快く入れてくれました。19:00なら予約なしでも入れそうでした。

 

テラス席か店内かを選ばせてくれました。着席すると英語メニューだったので、日本語メニューをくださいとお願いしました。こんなにわがままなのに、店員さんが笑顔でとても優しかったです!

 

 

 

一番おいしかったのは、前菜の”たことポテトのマリネ”です!このお店は、ローマでは珍しく、魚系のお料理が多いのが特徴です。

 

 

 

 

ほかには、

  • ルッコラのサラダ
  • ロブスターのラビオリ(具やチーズが包まれたパスタ)
  • 白身魚のフライ
  • 子羊のワイン煮込み!

どれもこれもとてもおいしいのですが、、しょっぱいです。

 

しょっぱいのは、魚のフライのころも、その上の玉ねぎやオリーブのソース。子羊のソース。後半に畳みかけるようにしょっぱかったです。(ちょっと多めに注文してしまった。)

 

日本人のお客さんが多かったです。安心する反面、外国のような雰囲気は半減でした。お会計では、クレジットカードが使えました!€100くらいでした(食べすぎ)

 

 

 

 

バチカン市国の近く『PASSPARTOUT』

 

バチカン市国に行った日のランチとして訪れました。バチカン市国からは徒歩10分ほどです。朝の10時から営業しており、その時間はモーニングなのですが、ランチセットが食べたいと話すとOKをしてくれました!(わがままだな)

 

テラス席がものすごく気持ちよかったです!イタリアのレストランには、必ずと言っていいほどテラス席があるのですが、ランチのテラス席、最高でした。

 

 

ランチセットは、前菜・パスタ・デザート・飲み物で構成されており、前菜とパスタは2~3種類から選べました!

 

 

 

  • 前菜…ブルスケッタ・焼きピグレット(子豚)
  • パスタ…カチョエペペ・カルボナーラ
  • ドリンク…コカコーラ・レモンソーダ

を、注文しました!前菜はとてもおいしかったです。パスタは変わった麺で『パッケリ』というみたいです!大きなマカロニみたいな形でした。しかしパスタソースがしょっぱかったです。

 

 

 

デザートのティラミスは感動的においしいです。クリームたっぷりなのにくどくなく、コーヒーのしみたスポンジと絶妙な割合でした。このあとティラミスにはまって2日間で3種類食べましたが、ここのティラミスが一番おいしかったです。行ってみたらぜひ!1人€15でした!(=1800円くらい)

 

 

 

 

サッカー観戦!『Cafe Washington dal 1939』

 

最終日の夜ご飯は、ぱぴろーがどうしても「チェルシーとリヴァプールの試合が見たい!!」というので、サッカーの観戦できるホテルの近くのレストランにしました!

 

ホテルの近く、テルミニ駅の近くということもあって、日本語メニュー・中国語・フランス語…と各国のメニューがあり、番号で注文しました。

 

このパスタも日本ではあまり見ないと思うのですが、卵麺の『タリオリーニ』というものらしいです!あまりしょっぱくなかったです!!写真のスープ(イタリア語でZUPPA)と、このあと食べたピザが劇的においしかったです。

 

 

画面が3つほどあり、それぞれテニス・野球・サッカーが放送されていました。テレビから音は出ていないので静かでしたが、せっかくヨーロッパに来たので、サッカーが見れてよかったです!2人で€55でした(=6600円くらい)

まとめ

 

イタリアのレストンで感動したことは、お料理のタイミングが適切なこと!です。料理が終わるとちょうどのタイミングで次のメニューが出てきて、お皿もフォークも取り換えてくれて…とても贅沢な気持ちになります。また、店員さんが基本優しいです。

 

パスタは日本人には塩分が多いように感じると思います。もし自信がない場合はトマト系の味付けを選択してください。ピザもパスタもラザニアも、トマト(POMODORO)の味付けのものは、まったく抵抗なく食べられました!恐らく日本のトマトソースと同じなんだと思います。

 

  • クリーム系・チーズ系パスタはしょっぱい
  • 基本メインはしょっぱい
  • ピザはどこのお店でも超超超超おいしい
  • テラス席のほうがGOOD

 

夜21:00頃は真っ暗になります。スリに気を付けて帰りましょう!

フィレンツェのレストランを紹介
バカンスシーズン、8月にフィレンツェで行ったお店を紹介します!お店の探し方、予約方法、マナー、絶対食べたいトスカーナ料理、、激うまパスタ、インスタ映えのピザも!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました