おうちカフェ:ビアレッティでカフェラテをつくる♡!

LIFE

 

ローマではコーヒーといったら”エスプレッソ”がでてくるくらいエスプレッソが大好きな国!おうちで超簡単におしゃれなカフェラテを作ったので紹介します!

 

広告

[カフェラテ]と[カフェオレ]の違いってなに?

 

カフェのメニューなどで見る、カフェラテとカフェオレ…違いってわかりますか?

 

  • カフェラテエスプレッソと牛乳を8:2の割合でまぜたもの
  • カフェオレコーヒーと牛乳を1:1でまぜたもの

 

エスプレッソとコーヒーの違いとミルクの割合の違いですね!ちなみにカフェラテはイタリア語、カフェオレはフランス語です。

 

ビアレッティとは?

コーヒーとエスプレッソの違い

 

そもそもコーヒーとエスプレッソは、抽出の方法に違いがあります。コーヒー豆の煎り方や挽き方にも特徴があります。

エスプレッソは、専用の機械で蒸気圧を利用し、コーヒーを抽出します。またコーヒー豆はとても細かく挽いてあり、一般的にエスプレッソの方が濃く、深い香りや味わいを楽しめます

 

ビアレッティ・マキネッタ・モカエキスプレス…?

 

エスプレッソを抽出する器具のことを”モカエキスプレス”といい、日本では通称”マキネッタ”と呼びます。モカエキスプレスは、

  • 水を入れるところ:タンク・ボイラー
  • コーヒーの粉を入れるところ:フィルター・バスケット
  • 一番上のエスプレッソが出来上がってくるところ:サーバー

この3つのパーツから構成されています。

 

ビアレッティ”とは、イタリアのビアレッティ社のモカエキスプレスのことで、商標になっているので、商品名ということですね。

ビアレッティの選び方

 

ビアレッティにはサイズがあり、だいたい

  • 1~2カップは1人用
  • 3~4カップは2人用
  • 5~カップは大人数用

と、されています。サイズの違いは、できあがりのエスプレッソの量もそうですが、消費するエスプレッソの粉にも関わってきます。サイズが大きいほど粉を多く必要とします!

 

また、ビアレッティは粉を減らして使うことができないので、大を小で兼ねることができません。最適なサイズを購入し、必要になったら大きいもの/小さいものを買い足すのがいいかもしれません。

 

アルミ製はガス・直火で使用しますが、IHの場合ステンレス製を選択しましょう。

 

超簡単!カフェラテの作り方!

準備するもの!

 

さて、アイスカフェラテをつくります!我が家のビアレッティは2カップ用。2人で飲みます。

準備するものは、

  • 冷えたグラス
  • 牛乳
  • エスプレッソの粉(illy)
  • スプーンひとつ
  • ビアレッティ

 

エスプレッソの粉は、イタリアのスーパーで買った「illy」です。

 

 

まずは、粉をフィルターに入れていきます。

 

 

フィルターを満タンにしたら、そっとすりきりにします。このとき、ぎゅっと押し込むようにしてしまうと、フィルターの目に粉が詰まってしまうので注意しましょう。

 

 

フィルターを、水を入れたタンクへセット。上にサーバーもくるくる取り付けます。

 

 

火にかけます。小さいサイズのビアレッティでは、ガス台にうまくのらないことも。そんなときは、セーフティ(又はアダプター)とよばれる、網のようなものを設置してあげます。

火は中火よりもちょっと弱いくらい。火が機械よりも大きくはみださないように。このまま4分ほど待ちます。ぽこぽこいう水の沸騰する音が終わったら、出来上がりの合図

 

このまま飲んでも美味しい、エスプレッソの出来上がり!今日はこれをミルクと割ります!

 

 

冷やしたグラスに、氷とミルクを入れます。

 

 

サーバーから、エスプレッソを注ぎます。

 

 

いい感じの2層になってきました!慎重に。

 

 

少しずつ、氷にあてながら入れるのがコツです。

 

 

超おしゃれな2層のカフェラテが完成!おうちで簡単にできちゃいます!

 

おわりに

 

エスプレッソは、抽出する時間自体が30秒で、エグミ成分が出る前に完成します。だから豆の成分が濃縮され、コーヒーよりも酸味が少なく深い味わいになります。

ビアレッティは、火にかけてぽこぽこがストップするまで火にかければいいので、テクニックは必要なく、誰でもおいしいエスプレッソが作れるんです。また、お掃除もシンプルな構造、3パーツのみで超簡単!清潔が保てます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました