石濱匡雄&ユザーン監修【ベンガリーマトンカレー】食べてみたよ

LIFE

雑誌オレンジページのレトルトカレーベスト10にランクインしてた【ベンガリーマトンカレー】を食べてみたよ。監修は、『ベンガル料理はおいしい』の著者、シタール奏者の石濱匡雄さんとタブラ奏者のユザーンさんによるベンガル料理探究チーム!

広告

ベンガリーマトンカレーは成城石井で買えるらしい

商品名は【ベンガリーマトンカレー】。発売元は、合同会社 36チャンバーズ・オブ・スパイス。価格は756円(税込)くらい。内容量は200g。カロリーは349kcal。

ちょっと高級なスーパーで見つけたけど、成城石井やネットで購入可能。

”ベンガル地方の伝統的な調理による濃厚でスパイシーなマトンカレー”

シンプルなのに特徴的で目を引くパッケージ。に、書かれた文章はすごく短い。あれこれ文字では説明しない。

原材料名

羊肉(オーストラリア産)、野菜(じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、しょうが)、食用こめ油、発酵乳、玉ねぎエキス、食塩、砂糖、でん粉、カイエンペッパー、クミン、夕ーメリック、コリアンダー、ガラムマサラ、カルダモン、シナモン、クローブ、ブラックペッパー、ローレル、パプリカ、(一部に乳成分を含む)

もちろん小麦粉不使用!スパイスたっぷり11種類。

美味しい?まずい?口コミと食べてみた感想!

さらさらカレー!スープみたい?

温めてみると、とてもサラサラなスープ状。マトン肉のスープ煮込みという感じで、日本人の思う”カレー”とは結構違う。

異国の料理&レトルトなので濃い味を想像していたら、全く正反対。米と食べると薄い?と思うくらい味は薄くて、その分スパイスとか食材の味を感じられた気がする!

かなり辛いよ!!!!

辛さ表記のないレトルトカレー。さすが本格的!と思ってしまうくらい、辛さあり!

のどにくる、青唐辛子みたいなヒリヒリ辛さ。レトルトなのに強気。でも、スパイスカレーマニアはたまらなく好きな辛さなのでは?

スパイス感強め!

辛さも強ければスパイス感も強いよ。それもそのはず、ホールスパイス入り

スパイスは挽いてパウダー状で使用することが多いけど、これはホールのまま。そのままの丸っこい形で入ってる。目視できるよ。

だからといってクセが強すぎるわけじゃなくて、食べると爽やかなスパイス感。カルダモン、シナモン、ローレルまでしっかり感じられた。

具がゴロリ。おおきいマトンとじゃがいも!

どの口コミにも書かれていると思うけど、具がでかい~!レトルトなのに5㎝角は超えるマトンと、ジャガイモふたつがゴロリ。

羊肉は(さすがにレストランででてくるやつよりは硬いけど)、繊維に沿ってほぐして食べると、噛めば噛むほど味が出てくる…!絶対によく噛んで食べてほしい!

まとめ

おすすめポイント
  • ホールスパイスが入ってる!
  • マトンの具が大きい!
  • 辛い~~~!!

レトルトカレーだけど、ホールスパイスが入っていたり、お肉が柔らかく大きかったりして、結構辛くて驚いた!いうまでもなく美味しかったよ。

パッケージが本当に印象的で、レトルトカレー売り場を横切った時に、あ!これ!!ってすぐ見つけて買った!笑

750円と、ちょっとお高め?と思ったけど、肉のボリュームと奥深いスパイス感があるので納得しました。賞味期限は2年くらいと長めなのでぜひ見つけたら購入してみてね。

ベンガリーマトンカレー(⽯濱匡雄&ユザーン 監修)
36チャンバーズ・オブ・スパイス オリジナル商品「⽯濱匡雄&ユザー ン 監修 ベンガリーマトンカレー」のご紹介。

タイトルとURLをコピーしました