【JOSEPH CHEANEY】BONNIEのサイズ感のはなし

FASHION

大好きな革靴【ジョセフチーニー】のコインローファー【BONNIE】のサイズ感のお話。トラッドスタイルにも、オフィスにも履いていける、すっきりしたデザインは、まさに大人のローファー。スニーカーやパラブーツなどとも比較してみます。

広告

ボニーで選んだサイズ、少し大きめ

 

CHENEYのローファーは 『4 1/2(4ハーフもしくは4.5)』 を持っています。

ちなみに、私の足にはちょっと大きいです。笑

歩くと、若干履き口が横に広がってしまいます。”笑ってしまう”状態です。

 

JOSEPH CHEANY サイズ換算表

参考にしたのはBRITISHMADEさんのサイトです。

UK 3 3.5 4 4.5 5 5.5
日本 22.5㎝ 23cm 23.5cm 24cm 24.5cm 25cm

 

スニーカーサイズ換算表

これは楽天のサイトを参考にしました。

日本

22cm 22.5cm 23cm 23.5cm 24cm 24.5cm
ヨーロッパ(EUR) 34 35 36 37 38 39
イギリス(UK) 3 3.5 4 4.5 5 5.5
アメリカ(US) 5 5.5 6 6.5 7 7.5
SML型 S S M M L L

 

 

スニーカーは、どのくらいサイズ?

 

普段のスニーカーは24㎝を履いています。

 

ラコステのファブリックのスニーカーは、『UK4/USA6/EUR37』、これは23~23.5㎝相当みたいです。

無印用品の白いスニーカーは『23.5㎝』を選びました。無印良品のスニーカーは厚い靴下でも素足でも履けます。

 

他の革靴のサイズとの比較

J.M.Weston Golf

 

ジェイエムウエストンのゴルフ#641は、『3/D (3ハーフD)』のサイズを持っています。

ゴルフはUチップ。原産国がフランスの皮の紐靴です。

 

換算表からすると、さすが”ウエストンフィッティング”、すこし小さめなのでは?という感じがしますね。

黒のボックスカーフのゴルフなので、革質も硬く、脚の横幅の締め付け感は若干強いです。ですが、血が出るほど痛いとか、1日履けないということはありません。

 

Paraboots MICHAEL

 

パラブーツのミカエルは、『のサイズを持っています。

 

これは人生3足目の革靴だったので、かなり上手にサイズを選べていると思います!

メンズものの厚い靴下と合わせると、かかとの部分が痛かったこともありましたが、基本的にはどんな厚みの靴下でも履けます。

 

\ミカエルのサイズ感のはなし/

【Paraboot】ミカエル・レディースのサイズ感の選び方!
大好きな革靴、パラブーツのミカエルのサイズを選んだ時のこと!革靴を買うとき、スニーカーのサイズや、ほかの革靴でのサイズ感を基に選びたいですよね。女性の革靴って他の方の例が少ないなと思い、ミカエルを買うときの参考になればいいなと思って書きま...

 

【CHEANEY】レディースローファーのサイズ感

 

ローファーは紐の靴と違ってはきぐちが大きいので、できる限り他の部分でホールドする必要があります。

なので、ちょっとタイトに感じるくらいを選んでもいいかと思います。(靴を履いてあきらかに指の形が出ない程度に!)

 

皮靴は履くほどに馴染んでいきます。特にボニーは柔らかい革質なので、すぐに馴染んでくれるんじゃないかなと思います。

 

店頭で試着した時に、”すぐに履いて帰れる”サイズと”暑い靴下だと最初は痛いかも”のサイズがあったんですが、私はこの前者を選びました。

しかし、今になって思うと、ローファーは夏に履きたいことが多いので、もう一つ小さいサイズでもよかった、と思っています。夏は薄い靴下が多く、4.5だと結構ゆるくなってしまいます。

 

今、中敷きを敷いて調整することを検討中です・・・。

 

\中敷きを入れてサイズ調整しました!/

BONNIEに中敷きを入れてサイズの調整をしてもらったよ!
サイズが大きかったローファー【BONNIE】 以前ブログでも書いた【JOSEPH CHEANEY】BONNIEのサイズ感。 足の実寸23.8㎝に対して4 1/2(4ハーフ)のローファーをもっていましたが、ちょっとサイズが合...

 

 

BONNIEの好きなところ

最後にボニーの好きなところを紹介します。

アンティークのようなムラのある色

 

私はボニーの色が好きです。実物を見るとわかるんですが、職人さんが刷毛を使って塗ったような色ムラがあるんです。これが本当に好きで、アンティークの品のような雰囲気があります。

比較対象がいつもウエストンなんですが、、、ウエストンの皮はキレイに均一に色ついていて、もちろんこれも高い技術のなしえることなんだろうな、と思うのですが。それとまた違った”職人さんの手”を感じることができるこの色が好きです。

 

柔らかく履きやすい革の質

 

なにより履きやすい、柔らかい革質なんです。試着の段階から、”履きやすい靴になるな”と予感できます。ラバーソールも薄く、軽いのも足が疲れにくいポイント。

 

大人の女性も履ける上品な形

 

ボニーの最大の特徴は、そのシンプルな形、にあると思います。

まず、ステッチがとても細かく、縫い目の立ち上がりがありません。これによって、ローファー全体がすっきりした印象になっています。

また、少しだけ靴の先の方が細く尖ったような形になっています。先の細い靴はかっこいい印象を与えてくれます。

ボニーは、大人の女性のローファーと表現されることもあります。まさにその通りで、学生が履いているイメージの強いHARUTAなどの”ローファー”というよりも、ヒールのついている”パンプス”に近いイメージなんじゃないかなと思います。

オフィスにも履いて行けるし、スカートも大人っぽい印象にアップデートしてくれます。

 

結論

現状こんな感じです!

【JOSEPH CHEANY】BONNIE・・・4 1/2を所持しているが、4でもよかった?

【J.M. Weston】 Golf・・・3/D

【Paraboots】MICHAEL・・・4

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました