山梨県!PICA Fujiyamaのアメージングドームに宿泊した!!!

日本

富士山の麓、山梨県にあるアウトドアリゾート【PICA Fujiyama】にGo to travel割引を利用して泊まってきました!!テントサイトやペットと一緒に過ごせるコテージ、お洒落なグランピングができるPICAふじやまの魅力をたっぷり紹介しちゃいます!!!夕食も片付けも全部お任せ~!

広告

東京からのアクセスと場所!

JR中央本線と富士急行線で!

 

PICA Fujiyamaは富士山の麓にありますが、東京からのアクセスがとっても便利でした!

 

『東京駅』→JR中央線→『大月駅』→富士急行線→『河口湖駅』→バスorタクシー

【JR中央線】で『東京駅』から『大月駅』に行きます。

時間によっては直通で1時間45分くらい、乗り換えなしでいけます!途中駅は新宿・三鷹・立川・八王子・高尾…など!【特急あずさ】や【特急かいじ】に乗るともっと早いですよ~!

 

『大月駅』で【富士急行線】に乗り換えます!

途中、都留文科大学前駅、ふじさん駅や富士急ハイランド駅などを通過します。

 

『河口湖駅』から無料シャトルバス(コロナ渦では運休中)、もしくはタクシーで15分で到着!

 

そしてなんと一日に何本かある【JR中央線通勤快速】に乗ると、『東京駅』から『河口湖駅』へ乗り換えなしで行けちゃいます!(笑)所要時間3時間、料金片道2679円です。(2020年10月現在)

 

東京駅から河口湖駅までSuicaでピッと簡単に乗れました!河口湖駅でのオートチャージも可能です◎(チャージできる券売機は各駅にて利用可能時間が違うので、利用分は先にチャージしておくようにアナウンスされていました!)

 

富士急行線では大月駅で進行方向に向かって左側に富士山が見えてきます!

『みつとうげ駅』付近からみえてきましたよー!

 

車でのアクセス

車の場合は、新施設のためナビに登録されていないみたいです!

マップコード「161 121 240*83」、もしくは、「山梨県富士河口湖町船津6662-10」と入力。

  • 中央自動車道・河口湖ICより 10分
  • 東名高速・御殿場ICより(東富士五湖道路経由) 42分
  • 新東名高速・新富士ICより 60分

 

河口湖駅

河口湖駅は三角屋根のかわいい駅舎です。

駅の中にはベンチがいくつかあり、ロータリーに発着するバスを待機できます。駅舎をでて左手側にはお手洗い・トイレと有料コインロッカーも完備。

 

お土産SHOPは交通系ICカードでのお支払いも可能!地域共通クーポンも使えました。桔梗信玄餅、甲州の名産おみやげ、富士山モチーフのグッズ、ほうとう、日本酒、アイスなどが売られていました!先にパパッとお土産を買っちゃうのもいいですね。隣にはCAFEも併設。

 

普段は富士山を見に海外からの旅行者の方も多いみたいです。駅付近にはおしゃれな日本料理のお店も点在。

PICA Fujiyamaに到着!チェックイン

河口湖駅から山道を抜けると…PICA Fujiyamaに到着!駐車場は無料で、フロントの建物の前にあります。

ロビーは広々としており、ソファとローテーブルが設置されています。右手側には夕食をいただけるレストラン、左手奥には薪や食料品やキャンプグッズの売店、そしてフロントがあります。

チェックインは14時から19時で可能。19時より遅くなる場合は要連絡です。コロナウイルス渦なので、入り口には体温測定の機械や消毒液が設置されていました!

 

アメージングドームの部屋とアメニティ!

グランピングのいいところは、室内の設備やアメニティが充実しているところですよね。

今回宿泊した【アメージングドーム】は、外径6mのドーム型のテント!意外にもビニール?っぽい素材で、隙間からは風が入ります…!が、しかし、冷暖房器具完備なので安心!!

 

  • ベッド2台+(定員4名の場合エアウィーヴマット2つ)、テーブル、チェアが2脚
  • フェイスタオル、歯ブラシセット、マグカップ
  • タブレット、湯沸かしケトル、冷暖房、扇風機、冷蔵庫、照明、延長コード

 

それから、コンセント口もあるし、ティッシュやごみ箱、コートをかけるハンガーラックとハンガー、バスタオルがかけられるタオルハンガーまでありました!

 

バスタオルのレンタル代を節約するならタオルハンガーは必須だし、コートを着て行ったのでハンガーラックは、かなり助かりました!!

 

もちろんインテリアもとってもお洒落でかわいい♡濃い色の床と、冷蔵庫の木目調も合っていてかわいいし、タオルハンガーはtoscaのみたいな木とホワイトのデザインでしたよ~

 

アメージングドームの設備の紹介

次は外の設備です!

外でBBQを食べられるためのシェード(屋根)は設置済み!折り畳みの椅子や机はテント内にあり外に自分たちで運び出しました。

大型の焚き火台、レンタル料などはかかりません!焚き火台が別途料金でレンタルの施設もあるので、これはとっても嬉しいですよね。

それから着火の手助けをしてくれるチャコスタBBQグリル台ミトンチャッカマン、屋外用のランタンランプ(と、延長コード)までありました!

 

焚き火用の薪は売店で600円~販売されていました。炭・着火剤は夕食セット用にもらえたと思われます!

ドームテントのまわりのウッドデッキは8m×8mで、一角がベンチ型になっていたり、ハンモックがかけられたりと楽しめるし、芝生でラジコンを走らせていたお子様もいらっしゃいました。

 

PICA Fujiyama トイレや炊事場!

ドームテント内にはもちろんトイレ・バスの施設はないので、敷地内のトイレを利用します。

炊事場?流し台と、トイレが一体となっている建物。2018年につくられた施設というだけあって、トイレも安心&綺麗でした!建物外には自販機があったので、夜や早朝、飲み物に困っても大丈夫。

流し台には、

  • お皿用の水切りラック、食器用洗剤、ハンドソープ、アルコール消毒液
  • スポンジ、三角コーナー

そして驚いたのが、水道からお湯がでました、、、!ありがたいことです!流し台は全部で四つありました。

 

お風呂とふじやま温泉

シャワールームはフロントの建物の横に入り口があります!バスマットやシャンプー/ボディソープは借りられますが、バスタオルは持参かレンタル料金(200円)がかかります。

 

車で10分ほどのふじやま温泉ならPICA宿泊割引でお得に温泉が楽しめます!

大人が900円でバスタオル・フェイスタオルのレンタル料金込み!【シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・クレンジング・ヘアドライヤー・化粧水・綿棒】…などはアメニティで完備されていました!

最終受付は21時。営業は22時までです。(公式サイト要確認!)

『ふじやま温泉』公式サイト

夕食と朝食のメニューと時間

普段は、夕食はレストランでもいただけますが、コロナウイルス感染対策のため、プライベートグリルでの夕食のみ!火おこしは自分たちでやりましたが、食材はぜーんぶ施設が用意してくれるんです!

まずはBBQで夕食

夕食時間は17時から。チェックイン時に希望時間の目安を伝えておいて、レストランに取りに行きます。かわいいバスケットに用意されていて、気分も上がります!♡

メニューは

  • サラダ(ローストビーフとドレッシング付き)
  • 野菜牛肉・骨付きソーセージ
  • スキレットに乗ったエビホタテとお野菜(とニンニクソース)
  • チーズとハムとバジルソースの挟まっているバケット

1人につき大小2枚の紙皿ナイフフォークお箸のカラトリー、おしぼり、野菜を刺す胡椒焼き肉のタレがついていました!

 

ごはん(お米)やお茶などの飲み物はセットではないので必要な方は用意が必要です。女性にはちょうど良いくらいの量でしたが、男性では物足りないと思います。お腹いっぱい食べたい!!!!って方はベーコンや肉をもっと持って行くことを強くお勧めします!

というのも、ちょうどいい量といいつつバーベキューが楽しくって、もっといろいろなものを焼いてみたかった!と思ったからなのでした。

 

ちなみに、焼き芋のためのさつまいも、焼きりんごのためのリンゴ、デザートのチーズケーキ、紅茶のティーパックを持っていきました!

 

片付けはほぼ不要で、サラダの入っていたタッパーなどをかごに入れて、テント内に置いておくだけ。返しにさえ行かなくていいんです、、、ありがたすぎる、、、。ゴミは各自片付けましょう!

朝食はホカホカベーグル!

朝食は一番早くて8時から。同じようにチェックイン時に伝えた目安の時間にフロント横のレストランに取りに行きます。朝食のかごは保温されている!食材もホカホカです。

メニューは

  • ベーグル(ほんのり温かい)
  • 具材たっぷりのオムレツハムウインナーケチャップ
  • サラダ(胡麻ドレッシング付き)、フルーツ
  • 桃ゼリー、紙パックの牛乳、ドリップ式コーヒー
  • 保温水筒に入ったコーンスープ

寒かったのにわざわざ外のウッドデッキで食べたので、温かいスープが嬉しかったです!コーヒーのお湯は部屋に設置してある電気ケトルで沸かしました。

お箸やスプーン紙皿はセットでついてきますよ!写真のバターは持参したものです。

 

グランピング持ち物リスト!

PICA Fujiyamaアメージングドームに宿泊する時の持ち物リストをまとめます!

身の回りの物

  • 充電器やモバイルバッテリー!
  • パジャマ・下着・次の日の服や靴下
  • メイク道具や化粧水、ヘアアイロンや髭剃り
  • 飲み物、雨具、懐中電灯(夜トイレ行くとき用)
  • 意外とテントと外を行ったり来たりするので着脱しやすい靴があると便利!

キャンプ道具(なくても大丈夫!あったら便利)

  • 軍手、うちわ、着火剤、竹串、お好みの食材、アルミホイル

アメニティで設置してあるもの

  • 歯ブラシ、フェイスタオル

レンタルできるもの

  • バスタオル(200円)、バスマット、双眼鏡、望遠鏡

 

秋ならば、リンゴの芯をくりぬいてバターと砂糖を大匙1杯ほどかけて、アルミホイルでくるんで、グリルの隅っこでじっくり2~3時間焼けば…!とろとろ焼きりんごの完成です♡

PICA Fujiyamaの紅葉と富士山と予約方法

写真は10月中旬くらい。紅葉ははじまったばかりでほぼ緑。

今回10月第3週目あたりでいきましたが、紅葉は始まったばかり!という感じでした。紅葉目当ての方はもう少し後の時期のほうがおすすめですね。

気温は10月中旬~下旬の晴れ最高気温15℃/最低気温8℃ほど。夜のBBQ時はヒートテック+トレーナー+ダウンでも少し寒さを感じるくらいです!日中はヒートテック+トレーナーもしくは、Tシャツ+コートなどでちょうどよかったです◎

 

↓ポイントのたまる予約は楽天トラベルから↓

富士山の大自然を「気軽に」「快適に」満喫する一歩先のアウトドアリゾート

『PICA Fujiyama』公式サイト

テントサイト・トイレの建物のほうに富士山が見えました!

PICA Fujiyamaにはアメージングドームの他に、

バストイレ・キッチンも付いた広々とした空間の建物ラグジュアリーコテージ(定員4名)、バストイレ付・緑の森を望める定員6名までのスタンダードコテージ、シンプルなつくりのトレーラーコテージ、テントサイトなど様々なスタイルで自然を体験できます!

コテージの種類によってはペットのワンちゃんと宿泊もできますよ!

 

しかも今ならGo to travelの割引で半額で宿泊できます!通常平日1泊12000~が、8000円になり、4000円の地域共通クーポンがついてきました!◎(大人2人で宿泊した時)

タイトルとURLをコピーしました